teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


「NAMCO×CAPCONオリジナル」

 投稿者:○書いて "ま〟  投稿日:2008年 6月21日(土)14時20分35秒
返信・引用 編集済
  *登場人物*(ナムカプ主人公)

有栖零児(ありすれいじ)
日本政府の政府機関「森羅」のエージェント。二本の刀とショットガンを設置した「護業(ごぎょう)」と、金色の拳銃「金(ゴールド)」を用いて怪異と戦う。小牟のギャグめいた発言に呆れながらもそれにあわせた的確な突っ込みを入れる。「そいつは重畳」が口癖。父の正護(しょうご)も森羅の一員だった。整理整頓はあまり得意ではなく、本人にしてみれば「あれはあれで整理されている」とのこと(wiki参照)

小牟(シャオムゥ)
仙狐(中国の狐の妖怪)。零児に戦い方を教えた先輩であり、パートナーでもある。仕込み錫杖と拳銃「銀(シルバー)」、そして数々の術で零児をサポートする。765(なむこ)歳と高齢だが、仙狐は1000歳から成体として扱われるため、仙狐として見ればまだ若者である。漫画やゲーム、インターネットなどが趣味で、大のプロレスファンでもあり、コミックやゲーム作品、プロレスラーの台詞などを引用した発言が多い。かつては零児の父である正護と組んでいた。油揚げが好物。(wiki参照)

*逢魔(おうま)*
沙夜(サヤ)
「森羅」と敵対し、世界に混沌を招くことを目的とする組織「逢魔」の構成員。外見は成熟した大人の女性だが、正体は歳を経た妖狐(日本の狐の妖怪)である。十年前の事件の時も計画の実行役として活動しており、正護や小牟、そして当時新人だった零児と交戦、零児の額に傷痕をつけるも敗れ、力の回復に努めていた。自分を父の仇と狙う現在の零児に対して「いい男になった」と述べるなど人を食ったような言動で、小牟のようにどこからか引用してきた台詞を使うこともある。
(wiki参照)

*完全オリジナルキャラクター*

琴夜(コトヤ)
男。年齢不明。外見から判断すると幼い顔立ちをしている(15~17)。
服装は森羅のエージェントが使用する、紅黒のロングコートにはまだ着せられている感じ。目だったアクセは付けておらず、零児を尊敬しており小牟が気になるところ。
"ゆらぎ"によって幻想界(零児たちの住む世界の名称)にやってくるモンスターたちが気に食わず、一刻も早く一人前になってモンスター退治に乗り出したいと思っている。
武器は、青銅・赤銅・黄銅の3種類の刀(それぞれ水・火・雷の属性を持つ)と、烈風(風属性の強い銃)を所持。

琴祢(コトネ)
女。年齢不詳。外見から判断すると幼い顔立ちをしている(15~17)。
服装はチャイナドレス風(小牟に近い感じ)、腿はチラ見可能(爆←逝)
小牟を尊敬しており、零児を尊敬する琴夜に淡い恋心を抱いている。
琴夜と一緒に零児や小牟の後ろを追いかけて、"ゆらぎ"から出現するモンスターの討伐を夢見る。武器はルビー・サファイア・エメラルドの名を持つ小剣(属性は火・水・風)と、トルコ(と名の付く銃。属性は氷)

*琴夜と琴祢は森羅のエージェントとして日が浅い。
*森羅に勤めてまだ半年弱
*年齢が分からない理由は、出身が不明な為。本人達も記憶が定かではないらしい
*零児と小牟が世話をしているとかしていないとか。
*それぞれの名前は森羅のスペシャリストたちが名前を付けた。
 
 

「古の神器」現代ファンタジー

 投稿者:○書いて "ま〟  投稿日:2008年 5月 9日(金)15時42分7秒
返信・引用 編集済
  名前:アタルカ・ベイグランド
性別:男
年齢:20前半
容姿:蒼銀の肩まである髪、パンクスーツ(だけど宇宙服みたいな感じ?/は)、グローブ、ブーツ。
性格:冷めやすい
神器:A.Fブレイブ(ライトセイバーみたいな光る剣を具現化)
備考:イマージュ・ラグーンの住人。所謂、本の世界。迷い込んだ影爾とカンナにA.Fを与える人。イマージュに復活した闇を払うために2人に協力とを頼むが…。


【スコア】
コードJ「ジャックナイフ」
 

「古の神器」現代ファンタジー

 投稿者:○書いて "ま〟  投稿日:2008年 5月 9日(金)13時11分11秒
返信・引用 編集済
  名前:龍堂 影爾(りゅうどう えいじ)
性別:男
年齢:17
容姿:ぼさぼさした黒短髪、白シャツ、学ラン、運動靴(まぁ、典型的な高校生ですな)
性格:1つのことに集中すると、周りが見えなくなる。
神器:A.Fガントレット
備考:豊水高校2年。古の神器のレポート課題を出されて、悪戦苦闘。図書室のとある一部の本からファンタジーの世界へと迷いこみ、神器を手にしてしまう。その後、彼の身は危険と隣り合わせな展開が待ち受ける事になる。

名前:雨々柳 カンナ(ううりゅう かんな)
性別:女
年齢:17歳
容姿:頭上2つ結び(下ろした髪の長さは背中まで)、ブラウス、スカート(まぁ、学生服ですな)、黒靴
性格:ぐいぐい自分のペースに引き込みたがる
神器:A.Fサイファー
備考:豊水高校2年。影爾と同じクラス。何かと一緒に行動している(好きと言う感情があるのかは不明)偶然にも影爾と同じくファンタジーの世界へと迷い、同じ様な身の危険が付き纏う。
 

「幻想水滸伝オリジナル」 オリジナル紋章説明

 投稿者:○書いて "ま〟  投稿日:2008年 4月12日(土)15時28分1秒
返信・引用 編集済
  『真なるカイの紋章』

・『時の支配者』・・・紋章を持つ主の体力持続によって長さに時間を要す。加えて、自分の周囲のみ(半径3m以内)に限り、持続の時間は要しないが、1度解き放つと体力の低下は-1とされる。ただ、滅多に使用回数が少ない全体周囲(範囲)の場合に限り、持続は不可能(ものの数秒のみ可)

・『魂の還る場所』・・・詠唱してから発動するまでの時間が一番短い。相手の身体(何処でも良い)に触れると、聖なる光が相手の身体から悪い精神を取り除き、自分にそのまま跳ね返る魔法。
相手の悪いものが大きければ大きいほど、自身へのダメージも大きくなる。体力消耗中などに使用すると命に関る、自己犠牲魔法。

・『生贄の狭間』・・・感情が爆発して、殺意に目覚めた時のみ使用可能。対象者(単体)に青白い死へ誘う腕や手(ちゃんと5本指)が現れ、動きを封じると共に別の空間に誘われる(ビッキーのテレポートと酷似)詠唱後、紋章者本人は酷く魘され、夢の中に滅亡の神が舞い降りる。そこで屈してしまうと、二度と取り返しのつかない事になってしまう(真なるカイの紋章→滅亡なるカイの紋章)ので、夢から覚めて初めて試練を超えられる。

・『すべてを護りし者』・・・金色の獣(紋章の使い?)より新しい力を入手。広範囲に及ぶ紋章の力を見えない護りのオーラで弾き返す。効力はその場限り。何度でも使えるが、その分の後遺症は激しくなる。後遺症の段階→1回使用・眩暈 2~3回・頭痛や吐き気 5回以上・意識不明
 

「幻想水滸伝オリジナル」 メインメンバー(サブ含)

 投稿者:○書いて "ま〟  投稿日:2008年 4月 7日(月)14時09分45秒
返信・引用 編集済
  【幻想水滸伝4】

ユーリ・・・ラズリルの港町で育った少年。ガイエン海上騎士団見習いの時、予想だにしない出来事によって団長が死に、団長殺しとしてラズリルを追放させられる。(実際は無実)追放の原因は27の紋章である『罰の紋章』が関ってしまったせい。償いと許しを司る紋章で、現在に限り償いの効力が消え、許された為に魔法カウンター(紋章詠唱後、自分にダメージが跳ね返らない)がなくなった。今はラズリルを離れオベル王国にて、リノの部下として名を馳せている。(ちなみに「ユーリ」は主人公デフォルメを知らんので○まが勝手に付けました)

リノ・エン・クルデス・・・オベル王国の王。しかし外見と違って漁をしにいく漁師のよな格好を普段からしているので、王と言わなければ誰もその存在に気づかない。その為常時、王の証である「金印」を持ち歩いている(ゲーム中、以外に大きい事が判明)

エレノア・シルバーバーグ・・・庵の小島と言う所でひっそりと暮していたが、ユーリの名の下、
小島から出て外へ。その時戦うべき相手だったクールークに打ち勝つ為、軍師の力を垣間見せる。
エルイール要塞での紋章砲破壊に伴い、行方不明となったが、世界が紋章に左右されると風の噂で聞き、再び地に足をつけた。

トロイ・・・『海神の申し子』という2つ名を持っている若きクールーク第1艦隊の艦長。自らや、周囲の危険を受け止めなるべく被害を最小限に抑えつけるような作戦の取り方をする。その為、同国内ではそれが甘さとなり自分を壊滅させると言われるが、本人の意思なのでどう思われようが勝手らしい。第2艦隊のコルトンと主に行動する事が多い。

コルトン・・・クールーク第2艦隊を任されている凡そ50代の男性。息子が居るらしいが本編で出るかはイマイチ(不明/ぁ)、結構な早口で時々裏目に出て大失敗することも。トロイと共に働く事が多く、まるで相方のよう。

【幻想水滸伝5】

ウィル・・・王子。幻想水滸伝5から参戦。父フェリドと見習い護衛騎士のリオンと共に、都市同盟への参加を決意。王子な身なりでも、前向きで一生懸命。少し発言が少ないのがたまにキズ。武器は三節昆。3つに別れており、時間差攻撃も一人で出来る。真なる27の紋章『黎明の紋章』を宿している。(○まがつけた名前なんです/爆)

リオン・・・ウェルの専属護衛であり、ファレナの女王騎士見習い。リオンの裏設定はともかく、王子を守るためなら命も捨てる精神を持っている。普段はぽややんな所もあり、意外性が多いが一度戦場へ出れば、目の前の敵をバッサバッサと切り落とす。真なる27の紋章『黄昏の紋章』を一時的に宿していた。現在は何もつけていない。(○まが個人的に、土の紋章付けていたので、それでもいっか/爆)

フェリド・・・ファレナ国の女王の妻であり、女王騎士団長。ファレナでは女王を位置付けているため、男性の位が女性に比べて低い。しかし、父親らしい姿と女王騎士団長との姿に特に差はついていない。過去、闘神祭にて優勝。(だからファレナ女王の夫なのですv)

マルスカール・ゴドウィン
ギゼル・ゴドウィン・・・ゴドウィン家の父(上)と息子(下)。目的の為なら手段を選ばない。今回、父マルスカールが発した言葉を元に、息子のギゼルが受け取り、侵略しようと試みている。

【幻想水滸伝外伝】

ナッシュ・・・ハルモニア神聖国クリスタルバレー出身。外伝の方のナッシュなので年齢は22歳。服の中に色々な武器や道具を仕込んでいる。特に背中に挿してある、双剣グローサーフルスには猛毒が塗ってあるとか。属性毒かよ、綺麗な顔して…(爆)ちなみにカイが大好きな人です。

ササライ・・・ハルモニア神聖国、神官長ヒクサクの部下。単身でハイランドへ行き、同盟を結ぶ。ハイランドとの友好の証の為に、真なる27の紋章『獣の紋章』を献上した。ササライ本人も真なる27の紋章『土の紋章』を宿している。物語進行上、ルックやカイの兄として。後にアヤメに近づき、アヤメに真なる27の紋章『真なるアヤメの紋章』を宿らせるきっかけを作る。

レナ・・・ハルモニア神聖国カレリア出身。カレリア勤めが長い。いつでも神官服。上司がササライ。ナッシュと知り合い。(外伝では幼馴染…なのかなぁ?)職務はきっちりと。かつ、色々遊ばれやすいので口調が崩れる傾向にある。
 

「幻想水滸伝オリジナル」 メインメンバー(サブ含)

 投稿者:○書いて "ま〟  投稿日:2008年 4月 5日(土)16時35分41秒
返信・引用 編集済
  【幻想水滸伝】

ティル・マクドール・・・○まが幻想水滸伝1の通称「ぼっちゃん」に付けた名前が「ティル」まぁ、センスないかもだけれど…。メインよりはサブ周辺。にも関らず結構美味しいとこ取りをする方。真なる27の紋章『ソウルイーター』を宿している。

グレミオ・・・ティルと一緒にくっついている人(笑)この人もどちらかと言えばサブに近い。趣味は料理、特にシチュー。ゲーム中、ぼっちゃんを守るために1度犠牲になったが108星集めたときに甦る人(すげぇ)武器は斧。(にあわねぇ)

【幻想水滸伝2】

ビクトール・・・あだ名はクマさん。傭兵かつ砦の大家さん的存在…にも関らず、結構言いように使われている。フリックとは腐れ縁の中で、一緒に砦を立ち上げた人。腐れ縁といえども精神年齢はクマの方が下っぽい(○まの中では)、頼りになるが裏目に出やすい。そして何よりもカイが好きで好きで好きで好きでたまらない(爆/しかし嫌がられている)
物語進行上、真なる27の紋章『夜の紋章』を司る、星辰剣を所持することになる。

フリック・・・青雷のフリックという通り名がある。片手に雷の紋章を宿しているので、剣技としても活用できる。全体的に青い色を好むようで、バンダナも青、マントも青…青大好き、アヤメも大好き(笑/いや、一目惚れか)だからアヤメの周囲は何が何でも敵!特にルカ(笑)何より忘れてならないのは、彼が極度の運無ということ。良いところもなければ悪いところのほうが多いという、最悪な人生運の持ち主である。

レオナ・・・酒場兼宿の女主人。持ち前の気品さと、腕で酒場を和ませたり、話術が炸裂する。時々、お悩み相談にも乗るそうで、気苦労はもしかしたら一番あるかも?と思わせる。物語上、カイの実母設定となっているが知るのはまだまだ先のお話。ビクトールやフリックと同じくらいに砦で働いている(ある意味、3人で腐れ縁かもしれない)

ルック・・・カイの兄設定(本人はずっと黙っているつもりで居た…らしい)紋章を見守り続けるレックナートの弟子で、少々人馴れしないせいで口が悪い(性格はマシになって行くはずだ/爆)早々と砦入りしたのは、カイの紋章を見張る為とアイツ(本編で明らかになるでしょう)をこの手で倒す為。魔術の際は天才だが、汗をかくことが嫌いなので好きに前線に立たない。真なる27の紋章を宿しているとか何とかだが、本人曰く面倒くさいらしいが、風の紋章を宿している。

クライブ・・・ハルモニア神聖国クリスタルバレー出身。「ほえ猛る組合」のメンバ。(その辺知りたい人は検索かけろ/ぁ)エルザをとことん追い続けようとしてる人。勿論某人の敵討の為に。ナッシュとも知り合いで、余り仲良しではない。が、都市同盟に参加してからは、付き纏う人間が多くなり、人付き合いは下手だが頑張っている。

シエラ・・・吸血鬼。太陽の光に弱いので、昼間は殆ど寝ている。かといって夜に活動と言えなくもない。本人は至ってマイペース。おばさん系発言は禁句。月の紋章を身に宿している。その絡みでか、ナッシュに良くつるむ。(※外伝ではナッシュがシエラに血を提供したことがある)

ルカ・ブライト・・・ハイランド王国皇子。妹ジルと共に母親に捨てられる。父親のやり方が気に食わなく、殺そうとした張本人。武力行使でしか作戦を考えようとしない。ユーバーと契約したのもルカ。自分の野心の為ならどんな行為も躊躇わない。アヤメを妻にしようと日々考えている。

ジョウイ・・・ハイランド王国革命軍総司令官(長ッ)ジル・ブライトと婚約した。シード、クルガンを従えている。(アヤメは一時的(になるかも)メンバ入り)真なる27の紋章『黒き刃の紋章』を宿している。

シード・・・ハイランド王国軍の赤い人(笑)クルガンと一緒に居る事が多く、血の気が盛んで戦闘大好きっこ青年。もしシードが都市同盟に寝返って108要因だったら、美青年攻撃に混じっても可笑しくないくらい美青年(と、巷ではそうらしい/ぁ)アヤメの次によく出てくる人として有名(クルガン差し置いてっ!)火の紋章を宿している。

クルガン・・・ハイランド王国軍の青い人(笑)シードと揃ってマクシミリアン騎士団に喧嘩を売ってますね(ぁ/誰とは言わない)アヤメの父親設定。既に物語では父親と表記済み。シードと組む事が多く、熱血漢シードの真逆な性格で冷静・分析が主。雷の紋章を宿している。

ユーバー・・・姿は幻想水滸伝3のユーバー。正体は人間でなく魔物(という噂)手首に双剣を隠し持ち、戦闘開始にすっと伸びるようになっている。瞳はオッドアイで、通称「黒ずくめの男」と呼ばれている。真なる紋章持ちを付け狙い、自分のものにしようと考えている。ハイランドと契約するが、独断行動が多い。真なる27の紋章『八房の紋章』を宿している。

クラウス・・・ハイランド王国軍の若い軍師。キバ将軍の息子である。冷静さ・分析・知力に長けており、アヤメを凌駕する。アヤメの隊に配属になっている。物語が進むにつれて、カイやレオナと接触する機会があるが、レオナが彼を気に入り、付き合いをさせようとするが…。普通にしてればごく普通の青年である。特に紋章は宿していない。

【幻想水滸伝3】

トーマス・・・ビュッデヒュッケ城の城主。少年ながらも頭が冴えるらしく、日々城の改装やどうすれば人数が集まるかなどを考案している。外に出ても近くの町へ行くくらいで、殆ど部屋の中にいる(ヒッキー!?)

セシル・・・トーマス親衛隊の1人(コラ)、少女ながらも、身体能力に長け、何時も何処でも何かあると「トーマス様~!」の一言。ゼクセン騎士団の真似ごとなのか、軽装の鎧を身に纏っている(武器は槍・盾も装備してますよーv)中々、頼りがいのある少女である。

ゲド・・・ハルモニア辺境カレリア第12小隊隊長。(略して12小隊)隻眼で黒髪、寡黙な雰囲気を漂わしている男。ハルモニア内部の事は一通り理解しているが、内部の上層(大聖堂内部)までは把握していない。真なる27の紋章『雷の紋章』を手に宿している。

エース・・・ハルモニア辺境カレリア第12小隊の1人。隊内の会計係で金に五月蝿く、女に弱い(子供でも/笑)小隊の中で一番の素早さを持っている。

クイーン・・・ハルモニア辺境カレリア第12小隊の1人。隊内での唯一の紅一点。エースやジョーカーのボケにとことん突っ込む、ツッコミタイプ。ジャックと話が合うらしい。

ジョーカー・・・ハルモニア辺境カレリア第12小隊の1人。隊内での一番大酒飲み。攻撃スタイルは少林寺を思わせる。素手での攻撃を得意とする。本名は別にあるそうだが、知っているのは隊長のゲドのみ。

ジャック・・・ハルモニア辺境カレリア第12小隊の1人。ゲドにスカウトされて小隊入りをする。言葉は殆ど喋らないが、時々ピンポイントを突く発言をする。遠距離攻撃(巨大ボウガン)が得意。
 

「題名無し」ファンタジーもの 外伝

 投稿者:○書いて "ま〟  投稿日:2008年 4月 4日(金)16時23分40秒
返信・引用
  【キャスパル隊】残り

名前:リプター・クライン
性別:女
年齢:24
容姿:ポンチョ型の服。(ピエロみたいとも言う)髪は長く、桃色に近し(耳下2つ結び)膝上のスカート。
性格:破天荒。落ち込み度は少ない
特殊:マーメイドガード(人魚の力)
備考:キャスパル隊の隊員。年齢は設定当時のまま。ガード能力がある事をメンバーやその他に秘密にしていた。(が、隊員ブロー関連で初めてガードである事を公開する)隊員の紅一点であり、シーザスのことを「変態エロオヤジ」を言う(笑)

名前:ビスク・ブリッツハント
性別:男
年齢:26
容姿:全身真っ白と言っても過言では無いほど、白~白白。(ただし包帯みたいな布が何十にも巻かれているだけ/ぁ)黒短髪。身長176はあったと思うよ(曖昧)
性格:普通(は?)
特殊:形態進化(ライオンの力)
備考:元々ライオン(と言うより猛獣)の姿だったが、サーカスが解散され、捨てられ、人間に追われて辛い日々を送っていたところをセイに拾われる(爆)一応ワーライオンの血筋なので人間の姿にもなれる(普段こっち)
 

「題名無し」ファンタジーもの 外伝

 投稿者:○書いて "ま〟  投稿日:2008年 4月 3日(木)15時52分40秒
返信・引用
  ※このキャラは本人の許可を得ています。

名前:Y・K(名前はユウ)
性別:女
年齢:21(当時限定)
容姿:何着てましたっけ?(爆)制服みたいだったよね? チェックのリボン、眼鏡(無い時も)、ルーズでないソックス(ぁ)、指輪とか腕輪とかあったりも。髪は黒で編みこみ(○まが書いてたのは編みじゃなかった気がする;;)
性格:・・・・。(○まが書き殴っても良いんですか?;)
能力:闇(死神召喚・攻撃)、聖(すっげー相対してるな;)
備考:外伝に限り、セイの恋人(設定) なんやかんや振り回されている人。丸く円滑になるよう収めたいと思っている傾向にあり、自分が犠牲になっても良いとさえ思う人。しかし、素は冷めてる(ぁぁぁ、殺される…/逝)シーザスに良くちょっかいを出される。アトレイドやブローには、ツッコミが多い(爆/分かる気がするな)
 

「題名無し」ファンタジーもの 外伝

 投稿者:○書いて "ま〟  投稿日:2008年 3月31日(月)16時10分45秒
返信・引用 編集済
  【ファマ家】

名前:シーザス・C・B・ファマ(シーザス・クレイ・バルツィア・ファマ)
性別:男
年齢:36
容姿:研究者ようの長い制服。(だけどうすでのコートは茶色なの♪)髪は基本長いが、あっても肩上まで。茶ブーツ。身長180(はあったと思うよ/忘)
性格:几帳面、怒りっぽい、冷徹、阿呆
特殊:アルケオエイビス(古代竜の力/ガードではない)、自己再生(どんなに深手を負っても瞬時に再生が可能/不死鳥の力)
備考:多分、外伝本編含めてこいつが一番強いというか反則(爆)、ただし日常寝る機会が少ないため(1日30分しか眠らない)に大変なときに突然寝始めたりする変な人。そして女性を見ると見境無くナンパ=変態超ド級クラス(ぁ ファマ家の長男。

名前:ジークフリード・C・B・ファマ(ジークフリード・クレイ・バルツィア・ファマ)
性別:男
年齢:34
容姿:うにうに頭(怒られそう;)で身長185(あったと思うよ/ど忘れ)、グレーのタンクトップ、革ジャン(時々)デニムジーンズ等。
性格:俺様マイペース
特殊:スカルハント(骸の左手/左手のみ可、その腕に捕まった者は生気を取られてミイラ化する)
備考:ファマ家次男。職業・電子工業系に勤めている、極普通の社会人。本編に出てきたエラオリア(ルーシェの姉)とは(外伝のみ)恋人設定だったりもする(何爆

名前:クレスナーガ・C・B・ファマ(クレスナーガ・クレイ・バルツィア・ファマ)
性別:女
年齢:27
容姿:上から下まで(膝下)のクリーム系色ワンピースドレス着衣。腰まである白銀のロングヘア。
性格:穏やか、少々天然
備考:ファマ家の長女。おっとりした性格から、人に騙されやすい性質がある。基本に忠実。

名前:チェルシー・C・B・ファマ(チェルシー・クレイ・バルツィア・ファマ)
性別:女
年齢:18
容姿:一言で表すならば、桃色(は?)2つ結び(頭上から)、学生制服が主に私服と一体化している(ぁ)
性格:明るい
備考:弟のデュランと一緒に居るが、一緒に居る事により部屋の温度が増す(爆)ファマ家次女の割に落ち着きがなく、まだまだ子供。

名前:デュラン・C・B・ファマ(デュラン・クレイ・バルツィア・ファマ)
性別:男
年齢:18
容姿:何処の世界だ、額にバンダナ(すでに熱血漢系と化している!?)冬でも半袖半ズボン(クラスに1人は居たよね/何)
性格:やんちゃ
備考:ファマ家三男。チェルシーと双子。一緒にいると部屋の温度が(以下略

名前:コウレン・C・B・ファマ(コウレン・クレイ・バルツィア・ファマ)
性別:男
年齢:年齢不詳(シーザスが36なので50は軽く超えている筈だが…?)
容姿:肩下まである髪だが、よくもまぁ整頓されていて見る人によっては惚れる髪型(謎)首から下は中が見えないマントをつけているため分からない。
性格:温厚、冷静分析、おとうさん(ぇ
能力:精霊召喚
備考:ファマ家の大黒柱。母親の存在はオリジナル漫画でも明らかになっていないので、居ない。シーザスとだけ仲が悪い。家族が大事と思って色々不祥事に巻き込まれてきたが、実際巻き込まれているのは自分ではない(自分は被害者)と悟ったとき、セイ(他)の前に現れた。比較的味方の位置にいるが、NPCとして扱う方が大きい。
 

「題名無し」ファンタジーもの 外伝

 投稿者:○書いて "ま〟  投稿日:2008年 3月30日(日)17時15分37秒
返信・引用 編集済
  名前:アトレイド・W・フレスティ(アトレイド・ウォス・フレスティ)
性別:男
年齢:23
容姿:茶髪のツン毛、癖毛、どうでもいい毛(爆)外見ウエスタン気取り、耳ピアス、ウエスターン(何)
性格:スピナと言う相方に対してだけ、優しい・ストーカー・女々しい(爆)その他には極普通。
特殊:ホークガード(鷹の力)
備考:西地区にてギルドで金を稼いでいるフリーター。セイと知り合い。スピナ愛。

名前:スピナ・D・ロイド(スピナ・ディン・ロイド)
性別:男
年齢:23
容姿:砂漠にあるオアシスを求めているような人の服装(何)、基本長めに煩い。
性格:アトレイドに対して、ツッコミ役・冷静無頓着、その他極普通。
特殊:スパイダーガード(蜘蛛の力)
備考:アトレイドの相方。兼、フリーター。セイとは知り合い。

名前:ティティア・パウル・ウェイア
性別:女
年齢:28
容姿:金髪ロングウェーブ(長さは短いときよりは長い方が長かったかな(何が))、三目が額にある。シルクのドレス、パープルハイヒール。
性格:いいたいことはハッキリと。ウブな人にはとことんからかう傾向あり
特殊:スネークガード(蛇の力)
備考:能力は上の方だが、ガードの力に捕われて、自我を失いやすい。セイと知り合いで同期(クラスは年齢が同じと言うわけではないので)そして、セイとは恋人――にはならなかったそうな。(何
 

レンタル掲示板
/4