teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「壱岐」

 投稿者:っっぃ  投稿日:2009年 6月 9日(火)23時00分0秒
  山本君5位入賞おめでとう^▽^
陣内さん優勝おめでとうございます王冠
白石さん(赤兎馬)3位入賞おめでとうございますキラキラ

そしてあんまり書きたくないけど、
――レースレポート――
当日はツカサさんと中尾さんが6時に送ってくださいました。朝早くありがとうございました。おかげで4人目に並ぶことができました。
8時20分くらい(かな?)、アップ開始。片道1㎞ほど。
スタートラインに並び、いつも通り心臓をドキドキさせながらスタートを待ちます。さぁスタート!!
今回はパレードのおかげで程よく緊張が解れました。すぐに上りに入りガンガンスピードが上がります。飛び出す選手もちょこちょこ見られました。
3個目くらいのコブで小段選手ともう1人が飛び出しているのを見ました。ボクも集団から必死で飛び出し合流。少しして大五郎さん含む3人が合流。周りはみんな赤ヘル(シールが赤)、もしこれで逃げ切られれば1位?なんて頭を過ぎりました。でも後ろから三浦さんら強豪率いる集団が迫ってきて20㎞地点で合流。この時点でもう既に右足が攣りかけてました。
そして35㎞くらい行った辺りで脚がどうにもならずチギれました。
どうにか脚を回復させようと試行錯誤しながら1人寂しく10㎞程走行。もはや応援が痛いです。
第2集団に吸収され、勝木さんや新田さんとゴールしました。
ゴル後、誰からかも覚えてませんけど「ガッカリした」と言われました。これが一番辛いです。何よりも堪えました。BR1・エリートと強豪揃いで冷静に考えれば実力的にも経験的にも敵いっこないのでしょうけど(言い訳)…期待を裏切ってしまい申し訳ないです。
ツカサメンバーでは松本さんと福島さんが落車しました。前日素晴らしい走りを見せていただけに残念です。
選手や応援の皆さんお疲れさまでした。
牛島さんお世話になりました。
 
 

「GUERRILLA」

 投稿者:っっぃ  投稿日:2009年 6月 5日(金)20時47分59秒
  家に帰り着く少し前に近くで落雷。雷震が届くまで1秒かからなかったのでヒヤヒヤしながら帰りました。帰り着くと今度は豪雨。間に合ってよかったぁ~。

今日は龍水園まで1回だけ上りました。小城側から淡々と。途中20インチくらいのMTBで上ってる小学生4人とすれ違い、「こんにちは」と声をかけられました。ほのぼのしていていいですねぇ。

HCTTの追伸ですが、ちゃんとゴールを知ってたら何分で上れた?――おそらくあと20秒縮められることはないでしょう。スタート後3分間の不調(?)で焦り、スタートから10分も経たないうちに勝木さんや陣内さんを交わしている時点で明らかにオーバーペースでした。
HCTT(登り続ける)なら10分ほ越えるとペース配分が重要だと思います。12分以内ならペースを乱してしまっても根性で持たせられます。でも今回は27分くらいはかかるわけですから始めのオーバーペースが後々響いてきました。
 

「GIRO」

 投稿者:っっぃ  投稿日:2009年 6月 2日(火)14時29分56秒
  今回は総集編のみ鑑賞。
今年で100周年。総合優勝はメンショフ。2位にディルーカでした。山岳はあまりキツくないような・・・ゾンコラン、モルティローロ、ガビア、ボンドーネ、ラバレードといったスーパークライマー用のステージがない?代わりにあるのは長距離山岳TT。
第12ステージはセストリレヴァンテ~リオマッジョッーレの個人TT60.6㎞。佐賀CRの平坦区間を15㎞削った、そんな感じのコースプロフィールです。ここでメンショフがディルーカに対して1分54秒稼ぎ、圧倒的に優位に立ちます。
山岳ステージではディルーカが幾度となく猛アタックを掛けるもメンショフがうまく捌き、なかなか差が付けられない。
そして最終日、ローマでの14.4㎞個人TT。天気は曇→雨。メンショフとディルーカのタイム差は20秒。
ディルーカはメンショフを残し暫定16位でゴール。そしてメンショフは直線区間で前輪を滑らせ落車!ゴールまであと1㎞。間に合うか?
落車後の対処は早かった。倒れた瞬間から新しいバイクに跨がるまで9秒!!さすがチャンピオン!ゴール後は貫禄の咆哮もw
結果ディルーカに対してさらにタイム差を拡げてゴール。ステージ10位。
メンショフ、ブエルタ2005、2007に続きグランツール3勝目キラキラ経験的にも脚質的にもダブルツール(トリプルも?)を狙えるかも。

37歳ランスはまた落車。第19ステージで前の選手とハスしたようです。対したケガ我はなくヴェスヴィオの頂上ゴールをトップ(サストレ)から1分40秒遅れでゴール。
3月末のブエルタ・ア・カスティーリャ・イレオンでの落車では鎖骨が4つに砕けプレートと十数本のボルトを入れる、普通に考えればその約40日後に開幕するジロに出ること自体驚異なのですが――ランスアームストロングは総合12位でした。
 

「耳納HC第1戦パラボラ」

 投稿者:っっぃメール  投稿日:2009年 5月31日(日)19時58分14秒
  朝は寒いと思ったけど出走する頃には暑い晴れ
まずは連れていって下さった島さん、会場で一緒になりました陣内さん、ありがとうございましたm(__)m。おかげで落ち着いてに走ることができました。

出走前日に地図を見てコースを確認。スタートは高速高架下、それから10㎞、ゴールは地図上で10.2㎞地点の桝形山(標高606m)脇かな?
10㎞、標高差550m、タイム予測28分40秒。コースレコード27分6秒(池本氏)。納得。
でもホームページによると10㎞、標高差480m。だとすればタイム予測27分10秒。アレ?
ホームページのコースプロフィールでレコード27分6秒では合わない!

――レースレポート――
スタートは1分置きです。陣内さんは16番、ファストリアの勝木さんが17番、そして自分は18番、19~22番は佐野さん、野口さん、新田さん、角田さんと知った名前が続き、23番が池本氏。怪物が一人――。
目の前で勝木さんが猛スタート!さすがです。
カウントダウンはいつもドキドキします。目標、走る道を見失わないこと。GO!!
出走から3分は調子が上がらない。心臓と脚と呼吸が噛み合わない感じ、Uターンしたくもなりました。でもだんだんリズムを取り戻します。
出走から8分、なんと勝木さんを捕らえます。これには驚きました。すぐ陣内さんも交わします。
それから、、、走るラインにだけ注意しながら走行。それだけ。
12分、13分、14分、15分、・・・23分、24分、25分、26分、
ゴールタイム予測タイムは29分、山頂も見えてきた。ラスト1㎞強。
山頂まではあと1回下りを挟む。壱岐も翌週だし手前のコブで少し脚(ダンシング)を抑え、下りを利用して一気に(ダンシングで)駆け登ろう。どうせタイムレコードには程遠いのだから。
手前のコブを越え桝形山を見据える。さぁラストスパート!!――不発。
え?ゴール??
・・・ゴール後数秒してゴールしたことを認識。
こんなハズでは・・・(悔っ)。痛恨の大失態汗なんてこった>へ<

――リザルト――
①池本さん 26分00秒
②新田さん 27分10秒
③っっぃ   27分32秒
④野口さん 29分18秒
⑫陣内さん 31分53秒
⑳島さん   38分58秒
池本氏はコースレコードを66秒更新!!ホームページのコースプロフィールは大方正しかったようです。
次はカンカケ峠?リベンジしたいな。
 

どうでもいいが・・・。

 投稿者:  投稿日:2009年 5月28日(木)22時07分31秒
  部に顔出せって・・・汗
あ、そういや新しい人が2人入りそうよ。
一人はロード派だから筒井の専門だぞぉー。
 

「超逆風!?」

 投稿者:っっぃメール  投稿日:2009年 5月28日(木)18時53分35秒
  の中、リドレーで北山峠にタイムアタック。吹っ飛ばされそうになりながらも上ってきました。

「北山峠」
標高410m
標高差320m
距離5.07㎞
平均勾配6.31%
右上右上右上右上

走り出しから凄い風。ラスト平坦も一層風が増し、スピードが上がらない。
リドレーで18分20秒、Av16.6㎞/hくらいでした。

上りでは順風でもタイムがよくはならないのに、逆風なら極端にタイムが落ちますね。

帰りは大和インター辺りからの平地で特に風が強く60㎞/h前後で3㎞ほど走行。55㎞/hで風を感じない時もあったので風速15m?
 

「土日」

 投稿者:っっぃメール  投稿日:2009年 5月24日(日)19時42分22秒
  昨日は130㎞、獲得標高2000m、Av30.5㎞/hでした。
まず向合峠、楽に登りました。インターバルなし!
それから大内峠ー大峠を下り、仁比山から大内峠へ。今度は傾斜のあるところでインターバル。
その後パンクし、北山峠(県道275号線、熊の川~北山、勝手に命名しましたw、新歓ポタのフリーランコースです)を下り、観音峠へ。峠ラストはロングスパート全力疾走!
去年の壱岐のゴール前、こんな感じで中原さんを追走しつつも届かず負けてます。それに対応するためにも練習の必要があります。特に今回はR氏の調子がいいようなのですが、どうしたらいいかな?
考えるに、スプリントは圧倒的な気がします。なんとしても避けるべきでしょう。
ゴール前の緩斜面で掛けられたらそれを刺すのもまた至難の業でしょう。
途中のキツい登りで攻めてキツい展開にしつつラスト1㎞の登りをうまく使えれば…でもこれはハイリスク。途中でタレれば表彰台を逃し得ます。
壱岐では1位以外で表彰台乗りたくないな^o^;
それから古湯に戻り広域農道までTT走。
4.4㎞、標高差330m、平均勾配7.5%、MAX12%?
ゆるりと登り出し、急勾配でダンシング開始。途中3分以上続けてダンシングしてます。おかげで腕がダルいダルいwもちろん脚も。
あとは広域農道を北上し国道323号線を佐賀へサイクリング^o^、途中Av30.8㎞/hまでいきました。
ヘロヘロです。
ロードは速いなぁ^o^;

今日はツカサ練習会。7人でした。
佐賀→東脊振→蛤林道→北天ロード→広域農道→佐賀で100㎞、獲得標高1400mくらいかな?
北天ロードまでは坦々とサイクリング、広域農道と雄淵雌淵からの下りは気合い入れて行きました。昨日のダンシングで疲れた腕が堪えました。
でも最後は雨、久しぶりです。

来週は高良山HC。がんばろ…
 

お疲れさま

 投稿者:  投稿日:2009年 5月16日(土)20時09分18秒
  新歓の写真アップお疲れ様です。
またイベント企画して、またワイワイ楽しみたいですね☆
 

はじめまして

 投稿者:  投稿日:2009年 5月10日(日)20時27分0秒
  >94E167さん
こんにちわ
05年入学の井口と言います
はじめまして
そして書き込みありがとうございます
一時は毎年新入部員が1人しか入らず現役が3人しかいない時期もありましたが
現在は現役が7人、OBも含めると10人超えと 何とか廃部の危機を乗り越えた状況です
アルバムやブログの方を見て頂ければ最近のサイク部の活動状況が分かってもらえると思います
よかったら見てみて下さい
そして是非またいらして下さい
失礼します
 

こんばんは。。。

 投稿者:94E167  投稿日:2009年 5月 9日(土)23時07分35秒
  サイクリング部に入りたいんですが…



ってのは嘘です(^∀^;)
もと、サイクリング部なんですが、たまたま最近サイクの同回のやつとメッセで話してて、サイクってまだあるんだろうか?と疑問に思い探したらあったんでびっくりしました。

また、覗きに来ますんで。。。
 

レンタル掲示板
/27