teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


明けましておめでとうございます。

 投稿者:監督より  投稿日:2012年 1月 4日(水)15時30分24秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。先程、成田に戻りました。スペインのバルセロナで年を越しましたが これも皆様のお陰と感謝しております。百聞は一見に如かずとよく言われますが、バスケット人生のみならず色々な面で勉強になりました。今回の経験を目の前の子供たちに生かしていきたいと思います。ドラゴンズのスローガンとだぶりますが『ROAD TO VICTORY』(勝利〈栄光〉ヘの道)そして『負けないこと』日本一を勝ち取るという最大のチームの目標を手にしていないからこそ、常に勝利を目指す道の途中にいるからこそ、このスローガンを大切にしたいものです。ひたすらに本当の勝ちをめざすこと。そのプロセスが人生そのもの。本年もどうぞ、よろしくお願いします。  
 

ありがたいお言葉 

 投稿者:北海道 幸丸先生より  投稿日:2011年 8月16日(火)21時30分15秒
返信・引用
  鷲野先生、ご無沙汰しております。この度は丁寧なお手紙をいただきありがとうございました。全中を逃がした悔しさがにじみ出ていて、先生らしい人間性がにじみ出ていました。各学年のキャプテンの手紙も入っていて、如何に先生が彼女たちを素晴らしい人間として育て上げているかがうかがわれ感激しています。ちょうど北海道では8月15日16日にジュニア連盟主催のコーチ塾を開催していました。この企画は今年初めてのもので、中学校部活動指導10年未満のコーチを集めて行うものです。北海道中から定員40名のところ一人も欠席せず参加してくれました。コーチライセンスを持っていない先生も半数以上いてこれからの指導者ばかりですが、講師陣には秀島、池田、高畠、高島と言った全国経験者ばかりで有意義な2日間を過ごしましたが、数年前に先生がエンデバーU15の指導に来ていただいた時とは指導者の質も格段に上がってきたと思っています。先生のお陰です。



最後に私に挨拶する場面が周ってきましたので、先生からいただいた手紙を例に出して、指導者の姿勢について若い先生達に話して聞かせました。指導者はコーチである前に子供達を教育する教師であることを全国で忙しく仕事をされている雲の上に感じているであろう鷲野先生でさえこのようにきめ細かく子供のことを気遣っていると言う内容のお話をさせていただきました。タイミングよくお手紙をいただきましたので、人間としての素晴らしさ、ワープロタイプで印刷したものではなく手書きの文章で送られることの受け取る側の嬉しさや親しみについて話すと若い先生達は感激して聞いていました。これで40人の中から数人は全国に行く指導者が生まれると思います。先生が今回全中に出られなかったことはさぞ悔しかったことでありましょうが、その後始末にまでこのように生徒指導があるのだと言うことを気付いてくれた指導者の皆さんにとって無駄ではなかったように利用させていただきました。捲土重来また来年も巻き返しを図られることでありましょうが、北海道でお待ちしていますので是非素晴らしいチームを作ってください。

 

2010年お疲れ様でした土下座

 投稿者:たぬくんメール  投稿日:2010年12月31日(金)18時17分18秒
返信・引用
  今年もあと数時間になりましたが、藤浪の皆さん、どんな年の瀬をお過ごしでしょうか。


わずか1ヶ月の間に、愛知ジュニア、東海ジュニア、新人戦県大会、あららぎ杯とお疲れ様でした。

3年生の皆さんお疲れ様でした。

様々な思いから藤浪へ集まって来た皆さんは、きっと若水に勝つ思いを、最後まで強く抱き闘ったと思います。

最高のライバルがいた愛知のバスケ環境の中で、みんなさん1人1人の成長は、素晴らしいものだと思いました。

あと3ヶ月足らずで、皆さんは、それぞれ新しい夢に向かって進んで行きます。

どうか、ラスト僅かの中学生時代を楽しく、有意義に過ごして下さいねぇ。


2年生の皆さん、1年生の皆さん、新人戦お疲れ様でした。


一生懸命な毎日は、必ず結果に結び付きます。

本気の思いの毎日は、絶対に夢を現実にしてくれます。

今は、日々経験の時と感じます。

ミニバス時代と違って、中学生時代の日々の経験は、全く違います。

1年間の経験は、ミニバス時代の1年間と全く違います。

2年生は、まず怪我を、そして上に向かっての心をしっかり持って、1年生は、チャレンジを怠らずに頑張って下さいねぇ^▽^

来る年が、藤浪の皆さんに取って更に躍進、飛躍の年になりますように来年も心から応援させていただきます。

僅かのようですが、お正月休みをいっぱい楽しんでくださいねぇ♪

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=tanukun_tomizu6

 

学びのチャンス

 投稿者:監督  投稿日:2010年 7月 9日(金)10時40分32秒
返信・引用
  人生のほとんどを野球から学んだ。   Byイチロー

生きていれば、学びのチャンスは様々なところにある。
そのチャンスを活かせる人ほど、より成長できるのかもしれません。

苦しくても逃げられない状況
乗り越えなければならない壁
それを乗り越えた先に成長がある

乗り越えられるまで見守ってくれる存在
歩みを共にしてくれる存在

子どもたちにとって、そんな存在になれればいいなと思います。
 

お陰様の人生~ありがたいこと

 投稿者:監督  投稿日:2010年 3月10日(水)11時14分59秒
返信・引用
  心をこめて~卒業生、ありがとう。

卒業生、みんなに出逢えたことは、当たり前でなく、ありがたいこと
いつも当たり前に 練習ができたこと
いつも当たり前に 保護者が陰で支えてくれていたこと
いつも当たり前に 今の仲間と過ごすことができたこと
いつも当たり前に 藤浪の環境でバスケットができたこと
いつも当たり前に 多くの本気のおとなと本気のバスケット仲間と出逢えたこと

日常の中ですべて〝当たり前〟としてやってもらっていることは、
本当は、〝当たり前〟でなくて〝ありがたい〟こと。
だからこそ、何か起きてから気づくのではなく、普段から気づいて行動できたら良いのだけれど、なかなか本当に大切なことは、気づかないことが多い。
お陰様の人生です。
だからこそ、自分自身も「自分のため」ではなく「人のため」に生活してほしい。それは、回り回って・・・
時に自分の力になったり、時に自分のことを支えてくれる人が出現したりする。
「自分のため」に努力している人が身につけた力も強力だけど、「人のため」に努力して身につけた力はものすごく強いような気がする今日この頃です。

とくに卒業生に求めてきたこと。『どんな強制力よりも共感が勝る。』
『自分の目で見て自分が判断する。』そして「独り立ち」~「自立と共生」
親が与えてくれ、周りの人に支えられ、自分で生き抜いてきたこの環境(藤浪中)。
本当にいい顔して、夢をもってこの藤浪中を巣立っていきました。
 そして、そのがんばってきた卒業生の背中を追っかけながら、ついてきた新チ-ムの下級生たち、先輩の夢をつないで欲しい。

〝夢を求めて
  夢を信じて
   夢をいつまでも
    夢にサンキュ-〟

出逢いには、必ず、別れがあります。出逢えた喜びをいつまでも大切にします。 監督より
 

2010 行く年来る年

 投稿者:監督  投稿日:2009年12月31日(木)12時42分58秒
返信・引用
  今日の朝、こんなメルマガが流れてきたのでシェアします。
『新』と云う一文字に代表された2009年もあと1日ですね?おそらく皆さんの心はひと足早く2010年に向かっている事と思います。
もちろん、かく云う自分も例外ではなく、新年に向けて既に心のカウントダウンが始まっています。
 今まで何度も『来年こそは!!』と思いながら師走を過ごし、そのまま大晦日が過ぎてゆき、結局『行く年』の延長で『来る年』を迎えて来ませんでしたか?
だからこそ、ただ漠然と『新年』だから『何かが』起こりそう!
なんて虫のイイ期待に心弾ませて、気が付くとまた一年が...誰にでもそんな経験はありますよね?ならばそんな年末年始の習慣を改めてはみませんか?
 『来る年』への期待は誰もが禁じ得ないモノ!
ならばこの一日間は敢えて!意識して『行く年』への感謝で、2009年を締めくくりませんか?
今年、我々にはどんな事が起こり、誰に力を借り、誰と共に歩き、誰の笑顔に救われたか?...
或いは辛い出来事もあったかも知れません、でもその経験から、学んだ事はありませんでしたか?
受け容れがたい言葉を浴びせられたとしても、それを発奮材料として更に強さを身に付けませんでしたか?
甘く美味しいおしるこも、塩がなければ作れないと聞きました。
我々の輝かしい新年は、2009年があればこそ!なんですね。
 そんな思いを胸に過ごす日が、年に1日や2日あっても良いのでは、ないでしょうか?
『行く年』に感謝し『来る年』を迎える!
良いお年を!
 

三年生の皆さんへ

 投稿者:たぬくんメール  投稿日:2009年12月24日(木)14時12分6秒
返信・引用
  東海ジュニア大会お疲れさまでした。

準優勝おめでとうございます。

1試合だけしか皆さんのバスケを応援出来ませんでしたが、一人一人の立派になられた姿をじっくり見させていただきました。

皆さんからは、言葉に現せられない程、沢山バスケを学ばせていただきました。
心から感謝しています。
残念ながら決勝戦では思い叶わなかったと試合結果を見ましたが、皆さんのバスケしている姿は、中バスの選手と言うよりも、高校生がバスケしている姿に見えました。

初めて皆さんの姿を見た時は、まだまだ小学生ポサ残る感じがしました。
日々バスケに一生懸命打ち込んだからの今の姿だと感じました。

すでに進路が決まってらっしゃる方、今、受験に向かって一生懸命勉強されてる方もいらっしゃるとお聞きしました。
あと3ヶ月足らずで皆さんそれぞれの道に進まれるわけですが、どうか次の夢に向かってこれからも頑張って下さい。


また1月に皆さんの姿を見れると思いますが、私は、前に先生が伝えてらっしゃった言葉のように見ず知らずの人です。
皆さんの前で言葉伝えられるような立場ではありませんので、こちらの掲示板をお借りして感謝の気持ちと、これからの皆さんへのエールをお伝えさせていただきます。

ありがとうございました土下座

今日は、クリスマスイブ♪
皆さんそれぞれのクリスマスをいっぱい楽しんで下さいねぇ。

Merry Christmasクリスマス

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=tanukun_tomizu6

 

(無題)

 投稿者:g  投稿日:2009年12月18日(金)14時52分19秒
返信・引用
  ☆★☆バスケット選手のための滑り止め☆★☆

☆★☆

管理人様、突然の書込み失礼いたします。
寒い時期や乾燥した時期などボールが手につかないなんて経験ありますよね!?
そんなバスケットボール選手に画期的な新商品のおすすめです。
その名は「Grip-Spray」。ボールハンドリングが驚くように良くなり、
その結果シュート成功率が飛躍的に良くなります。配合成分も一般の化粧品に
含まれるものだけを使用しておりますので、安心してお使い頂けます。
ミニバス、ママさんバスケットチーム、車椅子バスケットチームから大学(体育会)、
実業団、また、全国優勝チームから地域サークル・ミニバスの方々まで、非常に幅広く
お使いいただいており、喜びの声も頂いております。
特にミニバス、ママさん、社会人チームのバスケットの方々から、ご好評を頂いております。
お得な特典も多数用意してありますので、ぜひHPをご覧ください。

http://www.d1.dion.ne.jp/~shideaki/
 

飾らない生き方

 投稿者:監督より  投稿日:2009年11月 6日(金)23時38分48秒
返信・引用
  飾らないあなたの生き方
そのものが勇気のメッセ-ジ
一瞬の輝きを意識して
それが時の流れを作るから

唐突な話だけど・・・人前でスッポンポンになるのって、かなり、勇気がいる。
周りはみんな服を着てて、自分だけがスッポンポン。こりゃ~、恥ずかしい~^^
もし、周りもスッポンポンだったら大丈夫?それなら風呂とおなじだから恥ずかしくない。
逆に、周りの全員がスッポンポなのに、自分だけスーツ着てたら、その方が、かなり恥ずかしいかも。
 何が言いたいかっていうと、
大人は歳を重ね、いろんな人との関わりの中で心に洋服を着飾ってしまう。
ある人は、体裁ばかりを気にして自分を出せないでいる。
ある人は、弱さを見せれずに虚勢を張っている。
ある人は、斜に構えて、ひねくれて、感動する心を忘れている。
ある人は、人を信用できず、孤立して生きている。
ある人は、情熱を失い、他人任せの人生を生きている。
ある人は、人の批判ばかりをして生きている。
もしかしたら、あなたにも当てはまるものがあるかも知れません。
 何を隠そう、上に挙げたのは、ぜーんぶ、過去に経験した私のこと。
冷めて、ひねくれて、虚勢を張って、疑って、批判して、人生を生きてた。         未来は他人任せ。
 でも、そんな自分が嫌になった。もっともっと自分を好きになりたいって思った。
なぜなら、守るものが出来たから。
なぜなら、応援してくれ支えてくれた親、友人、恋人の愛情に気か付いたから。
あなたの心の状態はどうですか?
心を着飾っていますか? 心は丸裸ですか?
一緒に【心の裸族】を目指してみないですか?
ありのまんまでいれば、ありのまんま感動できるから。
変にひねくれてものごとを捉えるのって面倒だから。
素直な心で受け容れて、素直な心で感動して、素直に自分をさらけ出す!
素敵な奇跡は起こり始めます!
 

あきらめないバスケット人生

 投稿者:監督より  投稿日:2009年10月13日(火)22時46分43秒
返信・引用
  夢は逃げない。あきらめるのはいつも自分だった。
特に学生の頃、「一生懸命」と言いつつ、「全力でがんばってます」と言いつつ、いつも80%くらいで適当にやって来た。粘りが足りなかった。ここって踏ん張りどころでいつも自分に負けて、逃げていた。そんな自分が嫌で嫌で仕方なかった。
「やり抜きたい!」
自分で自分を褒めれるくらい、妥協無くとことんやりたい。いつしかそう思うようになっていった。
きっと、先生と同じような思いを持ってる人はいると思う。そんな生徒たちに先生は言いたい。
あんたの力はまだまだそんなもんでない。今が、中学生、何歳だろうがそんなもん関係ない。
まだ、中学生だから出来ません。
経験がないから出来ません。
時間がないから出来ません。
お金がないから出来ません。
親から許してもらえないから出来ません。
そんなもんぜーんぶ言い訳。「やれなかった」「出来なかった」ではなく「やらなかった」「しなかった」だけ。
だけど、今日、「決断」したら、今日、「チャレンジする!」ことを決断したら、今からあなたの人生は必ず達成に向かって回り始める。宇宙の法則とはそういうもんです。
ゴールの位置は決して変わらん。
変化するのは自分の意思だけだから。
先生はやり抜く!
先生は辿り着く!
先生は必ず成功する!
だから、みんなも一緒に!
夢を求めて
夢を信じて
夢をいつまでも
夢をありがとう
 

レンタル掲示板
/6