teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 2012年★人気直営店【bag53】★(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


1350 観察会

 投稿者:木村明人  投稿日:2017年 6月28日(水)19時01分37秒
編集済
  久しぶりにMさんの、自然観察会。場所は平家谷。
でも、これって「歴史・文化体験講座」の第1回の学習会。

短い距離を長い時間をかけて歩きます のことばどおり10時半開始の12時終了。
なんとなく そうめん流しを終えた後、散歩でぐるっと歩くコースを
今回は下(公園)から上(釣り堀)へ上がった感じでした。
 懸命にメモしたものだけ載せときます。

1.ヤマモモ 同時に産卵しに来ているシジミの話も
2.カビゴケ(?) 3.ビワ 4.ノキシノブ 5.ミズナラ 業者さん持ち込み?
6.ナンテン 7.イチョウ 8.アキニレ 9.キヅタ 10.ブラックバス マニアの投げ込み?
11.カワムツ 地元でハヤと言っている
12.アジアイ 別名オタクサ シーボルト=プランツ・ハンターの話も もちろん二宮敬作についても
13. 鳴き声 オオルリ 東南アジアから4000km越えてやって来る そして、10羽ほどの子を連れて帰る
14.湖上に二羽のモンシロチョウ マッチングの話
15.鳴き声 サンコウチョウ 杉林の中で巣作り 夕方 湖水で水浴びする姿が見られるとのこと
16.アシダカグモ
17.カラムシ じもとではハズと呼ぶ。 唐(から)から 蒸して繊維をとる
18 ホタルブクロ 19.タゴガエル 20.ツワブキ の葉に筋…ハチやハエの仲間の幼虫
21.サワガニ 22.セキショウモ 昔、めかんこ して遊びませんでした?
23. カワニナ 源氏ボタルが食べる 24.ムサシアブミ
25.イヌビワ 食べられるからタブと言っている 受粉については話していると2時間くらいかかる
26.ヤツデ とは言うものの、7枚か9枚が多い 27.おなかが黄色いのはニジマス
28.ネムノキ 緑のものは問答無用で感謝せねば
27.柿の木 葉だけでわかる? 富澤赤黄男、前田山英五郎の話も
28.オオツヅラフジ 葉が先の方にしかないので縄代わりにつかったり籠を編むのに使ったり
29.キタキチョウとモンシロチョウ ヨーロッパからアブラナを食草にして
 よく見ると黄色が入っていて この色からバタフライの名
30.ゼニゴケ、マメヅタ 31.アスナロ あしたはヒノキになろう この辺にはない木で驚いた
31.まっすぐからスギ 日本の固有種 痛いのは恐竜に対抗したから
32. ウバユリ 33.ヘビイチゴ 34.タイサンボク 35.ミヤマカワトンボ 36.ムクロジ


 係の方の合図で 集合記念写真 で解散。 ありがとうございました。



 
 

1349 意外な展開(続)!

 投稿者:兵頭史朗  投稿日:2017年 6月27日(火)10時52分3秒
  ほない発の演劇、7月の大阪の谷町公演がますます楽しみになって来ましたね。

改めて岡崎直司さんの「まちづくりアーカイブズ」の「日暮町風土記」に関する34ページから37ページと末尾記載の関連記録編を。

ここまで丹念にフォローされてきた関係の皆さんに感謝です。

さてこれを改めて大阪の人たちにメールをと思いパソコンに向かったところ25日からメールが動かなくなりソネットやら富士通やらに電話をしましたが、結局windows2010のサポートはなくなりoutlook2010しか使えないということが分かり今までの発信記録なども消えてしまいメールアドレス復元にも大汗でした。

こんなことは意外でもなんでもないことでしょうが、大阪の谷町公演が大成功に終わり、いつの日か地元保内のゆめみかんで凱旋公演ということもありうるのかな、なんて誰かと同じように意外と真剣ななゆめをみたい気持にもなりますよね。

 

1348 意外な展開

 投稿者:木村明人  投稿日:2017年 6月24日(土)22時32分54秒
編集済
   地元出身の~ で思いあたる方がたしかにいらっしゃいます。
14日 当日もいらしています。
水間不二男役の方。 写真でいえば 水無瀬橋で 左から三番目の方。
Oさんからいただいたコピーではありますが資料「シニア演劇の仲間 交流ニュース」(No:231 2017年1月17日) からその方の文章を引用すると、

 「日暮町風土記」の舞台が保内町と知って胸が震えました。私の故郷は南宇和郡城辺町。
同じ愛媛県の南予地方なので、「日暮町…」に満載の南予弁はお手の物。(以下 略)

とあります。とりあえず、南予弁が使える役に・・・。でも、ご本人は 山倉一彦役を演じたい。でも、それだと自在に使える南予弁が使えない・・・というジレンマの文章でした。

 ところで、これを機に 「日暮町風土記」のあとがきを読み返しました。
Oさんのお名前はもちろん、私たち二人 そして、Uさん、Nさん、Hさんのお名前も
しっかりと入っているのでした。 そこで、改めて思ったのです。
まぎれもなく ほない発なのだと。

返す返すも残念なのは、取材中の永井さんを撮影したのは一枚だけ。
最初の 愛媛蚕種でのもの。
遠慮せずに みなさんのもの 撮っとけばよかった・・・。


 
 

1347 「日暮町風土記」再公演のことほか

 投稿者:兵頭史朗  投稿日:2017年 6月19日(月)11時56分9秒
編集済
  昨日のぬれねずみとは打って変わって今朝は真夏の上天気、庭のアカパンカスも長い花径をのばし時機到来と紫の花を咲かせようとしています。嬉しいニュースが二つ。

その1、同窓会関西支部長城岡さんからメールで先日の南宇和校の同窓会に招待されて参加されたとき地元出身の劇団員の方がおられてこの「日暮町風土記」公演のチケットまで配っておられたと、また城岡氏自身も公演を見に行かれるとのこと、嬉しいですね。観劇結果をお聞きしたいところですね。

その2、今朝の読売新聞の1面と30ページに大きく長谷川伸の「敵討ち」草稿390編の現存が確認されたとの記事が・・・。戯曲「瞼の母」「一本刀土俵入」などで知られる劇作家で~と。

実は一昨日の同窓会幹事会で予定の予約時間が無くなり折角のカラオケセットも3曲までしか歌えないとなったところで皆さんにもお配りしています私の小文「一本刀土俵入」を歌わせていただきますと厚かましくも名乗りでて下手な歌をお聞きいただいたばかりでした。
まさか今日こんな「一本刀土俵入」に繋がる記事が新聞に出るなんて・・・。これに免じて一昨日の下手な歌のことは忘れてくださいと願うばかりです。

 

1346 雨に降られる前に・・・

 投稿者:兵頭史朗  投稿日:2017年 6月18日(日)21時05分24秒
  昨日17日(土)川高同窓会幹事会出席のため早めに東京原宿に向かいました。横浜駅で東横線で渋谷に出たところで地下鉄銀座線に乗り換え表参道駅に降りて外国の街並みのような参道通りを原宿まで歩いて行くことにしました。もう昔の面影は全然残っていませんでした。
新支部長の予約していた中華料理店(南国酒家本館)、立派なお店、14名が出席あれやこれやで楽しいひと時でした。
10月9日仮予約の会場が3か月前(7月9日)までは確定できないうことで詳細はそれ以降ということで・・・。

帰途は久しぶりということで一人代々木公園をからNHKホール前を抜けて渋谷にまで歩きスクランブル交差点へ。これではまるで外国人並みだけどここは勤務時最後の渋谷独身寮があったところから渋谷駅までの通り道だったところ、この変貌ぶり(進行形?)にはやはりお上りさんの気持ちに…。
帰宅はもう5時、翌日の演芸会の準備のお手伝いにとも思いましたが歩き疲れで断念。

今日18日(日)は9時に演芸会会場へ、リハーサルを終えて会場の体育館へ、いちばん後ろの席で出番を待っていると区老連会長、自治連合会会長、新支部長さんたちから何とか2丁目老人会を復活してほしいと責められ困惑、出演は先生のご指示通りしっかりマイクを近づけ”茶っきり節を。

プログラム通りに進みましたが外はいつのまにか大雨、少しはの気持で片付けのお手伝いをして大雨の中を薄手の合羽で自転車を走らせ帰宅しました。
降られる前どころかびしょぬれになりましたがシャワーを浴びているうちにすっかり雨が上がっていました。
 

1345 いらっしゃいませ。

 投稿者:木村明人  投稿日:2017年 6月16日(金)00時32分20秒
編集済
  7月に上演するという「日暮町風土記」。
その舞台になった地を実際に見たい、Oさんに会いたいっていう7名のみなさんが
14日の午後、いらっしゃいました。
JRの駅からOさんとKさんの二台の車に分乗して雨井・慈眼庵前に到着。

流れだけ書いておきます。

慈眼庵・青石で描かれた灯台
→大峰銅山跡・鍰煉瓦の解説
→西のおやけ・海運業で栄えたことを説明
→水無瀬橋と東洋紡績川之石工場の赤レンガ倉庫
→白石和太郎洋館+ボランティアガイドの会のYさん解説
⇒1階の部屋で自己紹介を兼ねながら『日暮町風土記』との関係を話す
 水間不二男役の方2名、堀江波子役の方2名、清家多鶴子役の方、得能すみれ役の方
 そして、演出助手の方 という7名に Oさん、Kさん、Uさん、Yさん。

→「あたらしや」跡地へ
→湧水地と「清水湯」跡地・「大黒座」跡
→すこし離れてはいるが、東洋紡績時代の講堂(現:Y紙業倉庫)
→保内中学校正門→(洋館前駐車場)
          ここで、わざわい転じて でHさんもいらっしゃる の形に。
→「一笑堂」さんへ

懇親会(7名+4名?)

15日9時 Hさんの案内で「愛媛蚕種」へ。

 代表の方がおっしゃった
14年前にも上演して、今回「シニア演劇大学」の公演として、
評判もよく、要望もあった「日暮町風土記」を選んだと。
そして、演じることは その人を生きることだと。
もちろん、みんなで演じ切った達成感もなによりの魅力だと
などなど、お芝居の魅力も少し教えていただきました。


 

1344 なつかしい(続)

 投稿者:兵頭史朗  投稿日:2017年 6月14日(水)18時14分9秒
  川之石湾の桟橋も撤去されたようですね。15年ほど前NHKの”鶴瓶の家族に乾杯”の出発地点となったときの鶴瓶さんと片岡鶴太郎さん二人の姿が思い出されます。

今度は日暮町風土記の再上演とか、たしか五木ひろしの歌”長崎から船に乗って”の3番目にある”日暮町~”にある部分を聞くたびに前田一笑堂にまつわる日暮町風土記のことを思い出していました。
大阪の出演者の方々も熱心ですね。行けるものなら飛んでいきたいところですが・・・。その後のお話を聞かせてください。楽しみにしています。
 

1343 なつかしい

 投稿者:木村明人  投稿日:2017年 6月13日(火)17時33分50秒
編集済
  「日暮町風土記」が再び大阪で上演されるんだって・・・。
聞いたときは、それはそれで驚いたり、感動したり・・・。

2001年 暮れ 二兎社と松山市民劇場の共同企画で上演されたこの作品が
大事にされて、再びの上演らしい。
といっても、上演するのは 劇団大阪シニア演劇大学「豊麗線」というグループ。
実は14年前にも上演したようで、そのときの方も何名か今回も出演するという。

 なんだったら・・・と思ったものの、上演は7月21~24日。
昼の部、夜の部と出演する方がそっくり交代するという演じ方。

日にちがありそうで、なさそうなこの時期。もっと驚いたことに

 明日 この方たちが来るそうです。10名ほどのグループで。
自分たちが演じる芝居のモデルとなった地を実際に歩くことで
エネルギーにしようということだそう。
午後、八幡浜駅に到着し、
Oさん、Kさんの案内で 雨井→本町・琴平 を回るそうです。

舞台が成功することを願って応援したいと思います。





 

1342 現像お願いします!

 投稿者:木村明人  投稿日:2017年 6月 9日(金)11時17分39秒
編集済
   先日 現像してもらおうと ときどき近くに行っては
お店が開くのを待っていました。
 昼前になってやっと開いたと思って 入ってみると、
中の様子ががらりと変わっています。 が1枚目。
「現像? なら、やってもらえると思います。 おじいちゃん・・・」って
呼びに外へ。

で、現像してもらったのが2枚目。
あらかじめ2枚ずつ選んでいたので  どちらをフレームに入れて渡すと喜んでもらえると思います?
で、アドバイスもいただきました。

数日後、お店近くを通ると案内が出ていました。 が、3枚目。

四国初! が効いています。
なんだか、久しぶりに どこそこでいちばん ってのを見ました。
 

1341 川之石湾

 投稿者:木村明人  投稿日:2017年 6月 8日(木)22時10分3秒
編集済
  通りかかると、あれっ? そういえば・・・で改めて確認 が1枚目。

なさそうだな。と言って 誰からもその後聞いていないし・・・で
間近に行って確認しなきゃ が2枚目。

3枚目は ここからでも工事中の様子が見える で撮影。


桟橋については、ちょっと というか、おおいに残念。
どのように・・・見たかった。
それ以前に なにかしらお別れ会のようなものがあってほしかった。
 

レンタル掲示板
/135